遺品整理で見つかったお宝!?骨董品の価値や買取など豆知識を分かりやすく解説

このサイトでは遺品整理で見つかった場合に備えて知っておきたい、お宝を役立てるための骨董品の価値や買取などの豆知識を分かりやすく解説しています。
古びたアイテムはその価値に気づかないまま処分しかねませんので、注意が必要です。
古銭・記念硬貨・オリンピック記念メダルなども骨董の扱いになります。
場合によっては売却することができるでしょう。
骨董の買取専門店にはそれぞれ得意な領域があることは知っておきたいところです。

目次
  1. 遺品整理で見つかったお宝!?骨董品の価値や買取など豆知識を分かりやすく解説
    1. フランス語では骨董品のことをアンティークと呼ぶ
    2. 古美術品や古道具などが骨董品に含まれる
    3. 骨董品は保険をかけることもできる
    4. 古いおもちゃやブリキのロボットなども骨董品として取り扱われることもある
    5. 骨董品の買取価格は専門店ごとに異なるので数社に査定依頼が重要
    6. 骨董品の簡易査定はメールやLINEなどで行うことができるお店も多い
    7. 出張買取サービスが利用できると大量の骨董品も安心
    8. 骨董品には定価はないけれども相場は存在する
    9. 玩具類も希少価値があり保存状態が良いものは骨董品としての価値が高い
    10. 掛け軸や茶道具などの骨董品は専門店に買取を依頼しよう
    11. 骨董品に鑑定書や付属品があるものはそれも査定に出すのが基本
    12. 遺品整理で見つかった古美術品や古道具は骨董品を買取しているお店に鑑定をお願いしよう
    13. 骨董品を鑑定に出すときにきれいに磨き上げるなど無理な掃除をしないようにする
    14. 骨董品が制作された年代が古ければ古いほど価値は上がる
    15. 骨董品は価値が分かる買取業者に買い取ってもらおう
    16. 価値を確認するために必要な骨董品の鑑定書の取得方法
    17. 骨董品の買取を依頼するときは出張買取が安心
    18. 海外で人気があり高値で売れる骨董品の品目
    19. 古ければ古いほど価値が上がる骨董品は専門店で売るべき
    20. 骨董品の価値を知るには質屋だけではなく買取業者でも大丈夫
    21. 骨董品買取をするなら運転免許証を取得しよう
    22. 有名作家のさまざまな種類の骨董品について
    23. がらくただと思っていた骨董品が思わぬ高値になることもある
    24. 壊れている骨董品でも高額買取が期待できる

遺品整理で見つかったお宝!?骨董品の価値や買取など豆知識を分かりやすく解説

遺品整理をしていたら故人が残した品物の中からお宝が見つかるということもあるでしょう。
骨董品には茶道具や陶磁器、それに工芸品などがあります。
買取価格はその時代によって大きく異なり、需要の高い作品は高額になることもあります。
またその時々で流通価格も変わってくるのが骨董品の買取の特徴です。
骨董品を売りたいのなら、骨董に詳しい専門の買取サービスの利用がおすすめです。
ジャンルを問わずに買い取っている店の場合、価格が低めとなる傾向があります。

フランス語では骨董品のことをアンティークと呼ぶ

骨董品という言葉を聞いたことがある人は少なくないかもしれませんが、どのようなものが該当してるのか詳しく知っている人はそこまで多くないはずです。
基本的にいろいろな定義がありますが、芸術作品などが完成してから100年以上経過しているようなケースが該当してくると考えられています。
そのため最近の芸術家が発表した作品などは骨董品には該当しないと考えられるので、歴史的な価値が必要になるのかもしれないです。
同じような言葉にアンティークがありますが、こちらは骨董品という意味を持つフランス語になっていますから、基本的には同じことを意味しています。
ただアンティークの場合は100年以上前に作られた欧米の絵画や家具などが該当してきますから、その点は少し違いがあるかもしれません。
年数については同じ感じであり、やはりかなり昔に作られている作品でないと該当してこない可能性が高いです。
歴史的な価値があることで、高値で取引されることが多いので、実際に持っている場合は売却をすることで大金を手に入れられるかもしれません。

古美術品や古道具などが骨董品に含まれる

遺品整理や片付けや断捨離や大掃除や引越し準備などをしていると、家の中からいろいろなものが出てきて処分に困ったりしますが、古くて汚いからという理由で片っ端から捨てていくのはNGです。
その中には価値のある骨董品が紛れ込んでいるかもしれませんので、注意深くチェックすべきです。
骨董品の定義は曖昧で広くてわかりにくく、古美術品や伝統工芸や焼き物・塗り物の食器やアンティーク家具や古文書だけではなく、昔のブリキのおもちゃなども骨董品に含まれ高値で売れたりします。
古ければ古いほど価値は上がる傾向にあり、それが有名な作家で状態も良好で世の中に出回っている数も少ない希少なものである場合、相場・買取価格は一気に跳ね上がり思いもよらない高額な臨時収入をゲットすることが出来る可能性もあります。
一攫千金の夢も広がりますので、骨董品に含まれそうなものは捨てずに専門店に持ち込み査定してもらうべきです。
リサイクルのチェーン店ではなく、目利きの鑑定士が適正な査定をしてくれる専門店に持ち込みましょう。

骨董品は保険をかけることもできる

骨董品は「動産総合保険」というものをかけることが出来ます。
対象品となる骨董品の金額の上限がないため、骨董品のような1点でも価値があるものに適しています。
火事・落雷・風災などの自然災害(地震は対象外)や水濡れ・盗難・いたずらや破損中の事故、取り扱い時の不注意による破損と幅広く補償してくれます。
使用中だけでなく、保管中・郵送中・展示中の様々な事故が起きた場合の損害を補償の対象としています。
しかし、故意であったり本人の重大な過失や法令違反による損害は補償の対象外となり、詐欺や横領、差押えや没収での損害も対象外となります。
補償額を確定させるために、加入する前に鑑定も必要となります。
鑑定にかかる費用は自身で支払う必要があり、鑑定の結果によって補償額が変わるため、信頼出来る鑑定士に鑑定を依頼することが大切です。
動産総合保険はコストもかかるため、対象の骨董品の価値を考えた上で加入を検討するのがお勧めです。

古いおもちゃやブリキのロボットなども骨董品として取り扱われることもある

骨董品というと掛け軸や日本刀や壺や茶器や古銭や古文書や彫刻や絵画や家具などをイメージするかもしれませんが、はっきりとした定義は無く古いものは全て骨董品という扱いになったりします。
古いブリキのおもちゃなども骨董品に含まれることもあり、専門店に持ち込んで査定してもらえば想像以上に高値で買い取ってもらえることも多いです。
遺品整理や引っ越しや断捨離やリフォームなどのタイミングで、価値があるかどうか眉唾物だけど古くて趣があり捨てるのはもったいないなと感じるものの処分を考えているなら、誰かに譲ったりフリマアプリ・オークションサイトに出品したり近所のリサイクルショップに売ったりせず、骨董品買い取りの専門店を利用して売るべきです。
専門店ならではのノウハウ・知識・実績・経験があり安心して依頼できますし、専門店には確かな目を持つベテランの鑑定士が在籍しており、お客さんから託された大切な品を丁寧に見極めて正しい評価をしてくれます。

骨董品の買取価格は専門店ごとに異なるので数社に査定依頼が重要

さまざまな理由からまとまった資金が必要となり、これまでに収集してきた骨董品の処分を検討します。
壺や掛け軸といった骨董品の中には、市場に出回っている数が少なく希少価値がある物が存在するため慎重に売却したいもの。
専門の鑑定士が在籍しているから間違いないと、一つの専門店で査定依頼し言われた値のまま売却するのは注意が必要です。
他の専門店ではもっと高値が付いていたと後から知っても、商品も差額も戻ってはきません。
売却後に後悔しないためにも、売却の際は数社に査定依頼することが大切です。
比較することで一番高値で手放すことが可能です。
ただし査定や査定後のキャンセル時に手数料が発生してしまうと、不要な出費が発生してしまうため事前に確認しておきます。
またトラブルとならないように、査定後にキャンセルができるのか確認しておくことが必要です。
これまでお金をかけて購入し、愛情を持って大切に保管してきた骨董品だからこそ満足できる売却をしたいものです。

骨董品の簡易査定はメールやLINEなどで行うことができるお店も多い

骨董品の簡易査定は、メールやLINEなどで行うことができるお店も多くなっています。
骨董品の実物をお店に持ち込みたいと思っても、難しいという方も多いです。
また、実際に査定をお願いする前に、どの程度の値段が付くのか確認してみたいという方も存在するでしょう。
メールを利用すれば、骨董品の簡易査定を行うことができるのでお勧めです。
簡易査定を利用すれば、どの程度の金額が付くのか判断できるようになります。
まず。
簡易査定では骨董品の種類など必要な情報を伝えていくことになります。
実物の写真を撮って送信することで、その商品の状態を把握しやすくなるので、写真を送ってみてもよいです。
必要な情報を伝えた後には、だいたいの金額を教えてもらえるようになるので、売るか売らないか自分で決めることができます。
売りたいと思うお品があるという場合には、簡易査定を積極的に利用してみるとよいです。
事前に利用することで、納得しやすくなります。

出張買取サービスが利用できると大量の骨董品も安心

自宅でたくさんの不用品があって、大変困っているという方は多いことでしょう。
ゴミだとはっきりとわかるものであれば処分をしやすいのですが、ご家族がお亡くなりになって価値の分からない骨董品だと簡単には捨てることはできません。
その際は骨董品を専門に扱っている買取サービスを活用することをおすすめします。
昨今ではリサイクルショップがたくさん存在する時代となり、骨董品もサービス対象になっているのが基本です。
通常は店舗に持ち込んで買取依頼をするのですが、たくさんの数で品物がある場合は、出張買取を依頼することもできます。
簡単に概要を見ていくと、お電話またはネットの公式ホームページにアクセスをして予約をすることになります。
このとき、大まかな点数などは伝える必要はありません。
大半の出張買取サービスでは、その場で査定をおこなって現金買い取りとなるのが基本です。
1点からでも依頼ができるので、気軽にコンタクトをとりましょう。

骨董品には定価はないけれども相場は存在する

食器や絵画やアンティーク家具や古文書や彫刻や掛け軸や工芸品や古銭や切手などの骨董品は、古すぎて定価がわからないものがほとんどです。
骨董品を売る際の指針・バロメーターとなるのは定価ではなく相場で、相場によって買取価格が大きく変動します。
作られた年代やコンディションやカラーやデザインや作家や希少価値やトレンドなどによっても価格は変わってきますので、骨董品を売ろうとしているなら専門店を利用すべきです。
フリマアプリやリサイクルショップやオークションサイトなどを利用すれば手軽に売ることが出来ますが、正しい評価がなされず安く手放すことになり損してしまう可能性があります。
きちんとした評価が出来る目利きのベテラン鑑定士がいる専門店に依頼すれば、取り扱いにも慣れているので安心して任せられますし、様々な要素を加味して納得できる価格を算出してくれます。
信頼できる専門店と言えば、その土地で長く経営していて確固たるノウハウがあり培ってきた経験・実績がものを言う老舗の質屋などです。

玩具類も希少価値があり保存状態が良いものは骨董品としての価値が高い

いわゆる玩具類と呼ばれているものでも、希少価値があって更に保存状態が良ければ、骨董品的な価値にも期待できるのではないでしょうか。
流行りものではなく時代を感じさせる年代物という前提がありますが、玩具類も希少で歴史的な資料価値が認められれば、状態次第で高く評価され高値がつきます。
それは骨董品的な側面があらわれるからで、保存状態の良し悪しが分かれ道になります。
玩具類のコレクターで将来的に高値での売却に期待したいのであれば、保存に注意して状態を保つことをおすすめします。
10年20年と時間が経過するごとに骨董品としての希少性が高まりますから、この間の保存が将来的な価値の鍵を握ることになります。
劣化を避けるには極力空気や紫外線に触れないようにすること、手で触れる場合は清潔な手袋の着用を厳守、定期的に目視で確認するなどが重要です。
確実に将来的に骨董品として査定を受けたり高値で売却したいなら、希少性に期待して流通量が少ないものを厳選した後、厳格な保存を始めるのが良いのではないでしょうか。

掛け軸や茶道具などの骨董品は専門店に買取を依頼しよう

今まで大切に保管してきた掛け軸や茶道具といった骨董品、家の片付けや引越しなどで処分を考えることがあります。
家中の不要なものはリサイクルショップなどを利用してまとめて処分するのが手軽ですが、骨董品となるとそうはいきません。
有名な書道家の作品だったり、希少価値があり買い手がすぐに見つかるような人気の作品なら、値が張るものも。
購入時に高かったものは尚更、信頼できる方に依頼したいものです。
鑑定士が在籍している専門店では、専門的な知識や実績などから正確な鑑定が受けられます。
依頼先が信頼できるのか不安な場合は、複数の専門店に依頼して比較すると良いでしょう。
大まかな相場を知ることができ、騙されるような状況が避けられます。
鑑定を無料サービスで行っている場合もありますが、キャンセルすると手数料が発生したり、キャンセルが不可の場合も考えられるため事前に確認しておくと良いでしょう。
価値ある骨董品は、信頼できる専門店を利用することが大切です。

骨董品に鑑定書や付属品があるものはそれも査定に出すのが基本

自宅に眠っている骨董品や実家の土蔵にある美術品などを買取に出すなら、経験豊富で確かな鑑定士が査定している骨董品店に持ち込むことをおすすめします。
骨董品は一般的な商品と異なり作品や作家の真の価値がわかるには、深い専門知識や長年の経験からくる鑑定眼が必要になり目利きができない業者なら安い値段がつけられます。
またこの世界にはいわゆる贋作が多いので、浅い知識しかなければ本物と偽物の違いも判断できず偽物をつかまされてしまっては後悔するだけです。
絵画や茶道具や陶器や掛け軸などの作品には、鑑定士からみても本物かどうか見極められないようなものも存在するので鑑定書がついていると本物を保証しているので価値が高くなります。
それに陶器や茶器やお皿など、商品をむき出しにしているだけのものより購入した時に桐の箱に入っていたりしていたら箱付きで査定した方が高く売れます。
実績があり経験豊富な鑑定士の在籍する骨董品買取店では、店舗だけなく出張査定も行っています。

遺品整理で見つかった古美術品や古道具は骨董品を買取しているお店に鑑定をお願いしよう

遺品整理では故人が生前に大切にしていた品々を、必要であれば引き取ったり、不要なものは処分していかなければなりません。
どれも亡くなった方にとっては愛着のある大切なものです。
しかし持ち物全てを引き取るということは、広いスペースを確保して管理しなければならないため現実的に困難なもの。
遺品整理をしていて価値は分からなくても、何となく古美術品や小道具といった骨董品の区別はつきます。
家具や家電などと一緒にリサイクルショップに持っていく前に、骨董品買取の専門店に依頼した方が良いかもしれません。
リサイクルショップでは物の持つ本当の価値を理解されずに、まとめて買い取りされることも考えられます。
専門の鑑定士が在籍している骨董品買取の専門店なら、正確な目利きで鑑定し適正な値をつけてもらえます。
骨董品の価値は素人に伝わらなくても、専門家が見れば驚くような価値を持つものもあります。
売却後に後悔しないためにも、プロに一度相談してみると良いでしょう。

骨董品を鑑定に出すときにきれいに磨き上げるなど無理な掃除をしないようにする

骨董品を鑑定に出すときには、きれいに磨き上げるなど無理な掃除をしないようにすることが基本です。
素人的な考えでは、汚れているものは綺麗にしておいたほうが良いに決まっているとなりますが、話はそんなに単純なものではありません。
例えば、綺麗にしようとして磨いたりすることで、最悪の場合にはその骨董品を壊してしまったりすることも考えられます。
しっかりしているように見えても古い品物ですから、ちょっとした無理な力で破壊してしまうのは十分に考えられるでしょう。
壊すとまでいかなくても、綺麗にしているように見えて実はその品物表面の繊細な状態を傷つけてしまっていることもあり得ます。
このようなことは、素人レベルではなかなか判断がつきません。
明らかにホコリがたまっているといった、誰がみてもその骨董品自体とは関係のないレベルであればまだしも、少しでも本体に影響しそうなやり方は慎んだほうが間違いがありません。
そもそも本当の汚れであれば専門家が取り除きますし、その程度で査定に響くことはちょっと考えにくいのです。

骨董品が制作された年代が古ければ古いほど価値は上がる

ブランドバッグや人気モデルのスニーカーや高級腕時計や宝石やゴールドやプラチナや電化製品などはそれなりの相場というものがありますが、絵画や古文書や彫刻や食器や家具や掛け軸や壺や仏像などの骨董品は、定価も相場も曖昧で評価が難しいという問題と隣り合わせです。
家の中に先祖代々受け継がれてきたであろう骨董品が眠っているけど、捨てるに捨てられずそのまま放置しているという方も多いのではないでしょうか。
定価がわからず相場もあってないようなものである骨董品ですが、作られた年代が古ければ古いほど価値が高くなる傾向にあります。
古いというだけでも大きな価値になりますので、専門店に持ち込んで一度査定してもらってみてはどうでしょう。
チェーン展開しているカジュアルなリサイクルショップではなく、骨董品の取り扱いに力を入れている専門店を利用するというのが大事なポイントです。
過度な期待をせずにダメもとで利用するのがベストです。

骨董品は価値が分かる買取業者に買い取ってもらおう

骨董品は歴史的な価値や芸術的な価値を持つものが多くありますが、その価値を正しく評価し買取してもらうためには、価値が分かる専門の買取業者に相談することが重要です。
専門の骨董品買取業者は、長年の経験と知識を持ち、様々な時代や文化のアイテムについて詳細な情報を持っています。
彼らはアンティーク家具、美術品、陶磁器、時計など、さまざまなカテゴリーの物の評価を行うことができます。
また、骨董品の価値は市場の変動に影響を受けることもあります。
専門家は市場の動向を把握し、適切な時期に売却することをアドバイスしてくれるでしょう。
骨董品を高く買い取ってもらうためには、複数の業者から査定を依頼し、価格や条件を比較することも大切です。
価値の分かる信頼性のある業者であれば、適切な価格を提示してくれるはずです。
大切な品を適切な評価と共に手放すためには、専門の買取業者に相談することが賢明です。
彼らの知識と経験を活用し、満足のいく取引をすることをおすすめします。

価値を確認するために必要な骨董品の鑑定書の取得方法

骨董品を所有している人にとって、その価値を正確に把握することはとても重要と言えるでしょう。
そのためには、鑑定書を取得することが一つの方法です。
このような高価な物の鑑定書を取得する最も確実な方法は、プロの鑑定家に依頼することでしょう。
専門家は、その豊富な知識と経験に基づいて、その商品の年代や歴史、価値を詳細に見てくれます。
これらは、その専門家の名前や署名が添えられ、アイテムの特徴や評価が記載されています。
また多くのオークションハウスでも行っているようです。
オークションハウスによる評価は信頼性が高く、それに基づいて発行されるため安心でしょう。
このような鑑定書は、将来的な売却の際にも参考になり価値があります。
さらに骨董品を専門的に扱う機関や協会も発行しています。
これらの機関は、プロのチームによって鑑定を行い、その結果を鑑定書にまとめる場合があるようです。
これによりそのアイテムの信頼性や歴史的背景を証明することができます。
そして一部のデータベースでは、アイテムの情報や写真を提供し、取得するためのオプションを提供してくれるでしょう。
骨董品の鑑定書は、そのアイテムの歴史や価値を正確に知っておくための大切なツールです。
信頼性のある専門家や機関に依頼して、鑑定書の取得を行いましょう。
将来的な売却や保管においても安心して利用することが出来ます。

骨董品の買取を依頼するときは出張買取が安心

骨董品は価値が低いものから高いものまで玉石混淆です。
また価値が高いとされるものには贋物が作られていることもあり、所有者であっても価値や真贋を判断できないことが少なくありません。
そういった骨董品を売却する場合は、買取店に依頼して鑑定と評価を受けることが必要になります。
骨董品の買取を依頼する方法は、自ら買取店に持ち込むことと宅配で郵送して査定してもらうこと、そして買取店のスタッフに自宅まで来てもらう出張買取があります。
このなかでおすすめなのが出張買取です。
なぜなら、骨董品は非常に繊細で壊れやすいためです。
自分で持ち込んだり郵送するためには梱包をする必要がありますが、その梱包が不十分だと移動中に破損してしまう可能性があるのです。
一方で、出張買取であればスタッフが自宅まで来てくれるためそのままの状態で査定をしてもらえます。
破損する危険がないことに加え、目の前で鑑定作業をしてくれる出張買取が安心なのです。

海外で人気があり高値で売れる骨董品の品目

海外で日本の骨董品は非常に人気があります。
それは必ずしも日本に興味がある人だけではありません。
芸術品としても高い評価を得ているからです。
ではどんな骨董品が人気がありますか。
その一つは古地図ですが、特に東南アジアにおいて人気があります。
場合によっては国内の何倍もの値段で売れるので、海外で売った方が評価されます。
さらには定番ですが、お椀やお皿などの陶器も人気があります。
専門家でなくても美しく描かれた図柄は見る人を惹きつけるからです。
また、切手も骨董品の中で根強い人気を誇っています。
流行もありますし、いつでも人気がある定番商品もあります。
基礎知識も必要ですし、実物に触れて勉強することも欠かせません。
数多く接しているなら、良い品を見つけることができます。
それはまるで宝探しのようで、幾つになってもワクワクすると言われています。
足繁く各地の市場に出かけることで、貴重な品を手に入れることができるに違いありません。

古ければ古いほど価値が上がる骨董品は専門店で売るべき

デニムや楽器やお酒や高級腕時計やトレーディングカードや写真集や非売品やレコードや廃盤品やスニーカーやブランドバッグやフィギュアなど、想像を絶するとんでもない高値で買い取りが成立する可能性を秘めたものは世の中に数多存在しますが、古ければ古いほど価値が上がる骨董品もそれに該当します。
茶器や家具や玩具や掛軸や絵画や日本刀や仏像彫刻や古文書や伝統工芸品や壺や古銭や懐中時計など、骨董品に分類される価値の高そうなものが自宅に眠っていて宝の持ち腐れ状態になっており、そろそろ売って現金化しようと検討中の方は多いのではないでしょうか。
骨董品は相場が定まっておらず評価が難しいものですので、オークションやフリマアプリに安易に出品するのは御法度です。
本当の価値を知るためにも、まずは骨董品買取に注力している専門店で査定してもらうべきです。
専門店ならノウハウがあり扱いにも慣れていて査定がスムーズで安心ですし、専門店には経験豊富な鑑定士がいるので誤った評価をされる心配がありません。

骨董品の価値を知るには質屋だけではなく買取業者でも大丈夫

デパートなどの催事場でよく骨董品展を開催していることがあります。
そんなとき、つい興味をそそられて入ってしまうという人は多いのではないでしょうか。
そこにはかなりの年代物と思われるような品物がズラリと並んで販売されています。
レトロ感溢れていて、まるで時代を遡った感覚です。
ああ、これはかなりの価値ある品だ、そう思ってしまいます。
しかし、こうした骨董品の価値というものは、素人目では分からない場合が多いです。
たとえば質屋で専門の鑑定士に見てもらえば、大概の値打ちは分かります。
家の中にあった古びた骨董品が想像以上の値段がつけられるといった例はけっして珍しいことではありません。
今は骨董品の買取などのサービスもありますので、質屋だけではなく、そうした買取業者で査定してもらうという方法もあります。
ただ買取業者はたくさんありますので、それぞれ専門としている物も違ってきます。
ここはやはりよく調べてみる必要があるでしょう。

骨董品買取をするなら運転免許証を取得しよう

骨董品は絵画や掛け軸、陶器など実に多くの種類があります。
大事に保管している人もいれば、遺品整理などをきっかけに手放す人も少なくありません。
骨董品の価値は素人で判断するのはとても難しく、高額だったものが実は偽物・贋作であるケースもあります。
またその逆に安く購入したものが、実は希少価値の高いものであることも考えられます。
骨董品の査定は、専門的な知識を持つ専門家への依頼がおすすめです。
最近では、骨董品を専門に買取する業者も増えてきました。
骨董品買取業では、運転免許証は欠かせないものといえます。
まず、骨董品は古く壊れやすいものも多いので、動かさずに自宅などで査定を希望する人も多く存在します。
そのような場合は出張査定になりますが、遠方まで訪れることも多く、さらに買い取った骨董品を運ぶ必要もあるので運転免許証がないと厳しいといえるでしょう。
骨董品買取業界では市場やオークション会場への移動も頻繁にあります。
運転免許証を持っていることで、自分で移動することができるため業務の範囲を広げることができます。
新たな貴重な品物を発見したり、取引先を拡大したりする機会も増えるでしょう。

有名作家のさまざまな種類の骨董品について

骨董品は古美術品やアンティーク品などの総称です。
古くから伝わる品物には、その時代を反映した技術や美意識が詰まっており現代の私たちにも新たな感動を与えてくれます。
有名作家が制作した骨董品は特に高い人気を誇ります。
作品は作家の個性や時代を色濃く反映しており、芸術的価値も高く評価されています。
日本画の巨匠・東山魁夷は山水画や花鳥画など、さまざまなジャンルの絵画を手掛けました。
その作品は繊細な筆遣いと色彩の美しさで知られている。
魁夷の代表作である「残照」は夕焼けの光に染まる山々の美しさを見事に表現した作品で、多くの人々に愛されています。
このように有名作家の骨董品は、芸術的価値はもちろん歴史的価値も高く評価されています。
作品は私たちの生活を豊かにしてくれる、かけがえのない存在です。
骨董品は単に古い物ではなく、時代を生き抜いてきた芸術作品です。
その作品に触れることで、私たちは古き良き時代の美しさや現代に生きる私たちの価値観を見つめ直す機会を得ることができるでしょう。

がらくただと思っていた骨董品が思わぬ高値になることもある

自宅にがらくただと思われる骨董品があるなら、無駄にスペースを占有することから何らかの方法で処分したいところですが、安易にゴミとして捨ててしまうのは早計です。
自身はがらくただと思っていても、実は希少価値を持ち思わぬ高値になるケースも少なくありません。
多くの骨董品買取専門店では無料で査定を受け付けているので、まずは気軽に相談するのがおすすめです。
骨董品買取専門店にはこれまで数えきれないほどの品物を見て来た鑑定士が所属しており、その骨董品が持つ価値を適切に判断してくれます。
自身には分からないことであってもプロの鑑定士なら見極めることができ、最後には査定額が提示されます。
ここで低価格で合った場合はキャンセルをしたり、手数料を支払って処分を依頼することが可能です。
もしも思わぬ高値が付くことがあれば、売買契約を締結してお得に現金を手にすることも可能です。
がらくただと決めつけてしまう前に、まずは相談してみるのが得策です。

壊れている骨董品でも高額買取が期待できる

壊れている骨董品は廃棄する以外に道は無いと思いきや、思わぬ高額査定になることも少なくありません。
安易に捨ててしまう前に、まずは専門店で無料鑑定を受けてみるのがおすすめです。
骨董品の中には健全に現存しているものが一切なく、壊れているもののみが存在している場合はそれこそがメインストリームの一品になります。
この場合は壊れているとしても大きな価値を持ち、高額査定になることがあります。
壊れている理由も重要で、持ち主の過失であればさほどではありませんが、歴史的な災害や合戦などが原因だった場合はそれも価値を高める要因になります。
この場合は壊れていることこそが歴史を証明する一助となり、コレクターの間でも高く評価されることがあります。
これらの事情があることから、自宅にある骨董品がたとえ壊れている状態であったとしても、まずは専門店に相談してみる価値はあります。
最後に売買契約を締結すれば、お得に現金を手にできる可能性を秘めています。

骨董品に関する情報サイト
骨董品の豆知識

このサイトでは遺品整理で見つかった場合に備えて知っておきたい、お宝を役立てるための骨董品の価値や買取などの豆知識を分かりやすく解説しています。
古びたアイテムはその価値に気づかないまま処分しかねませんので、注意が必要です。
古銭・記念硬貨・オリンピック記念メダルなども骨董の扱いになります。
場合によっては売却することができるでしょう。
骨董の買取専門店にはそれぞれ得意な領域があることは知っておきたいところです。

Search

更新情報